著書『ワールドシネマ入門』刊行

単著『光学のエスノグラフィ』刊

共編著『アニエス・ヴァルダ』刊行

共著『アナキズムを読む』刊行

寄稿「The New Gospel」東京芸術祭

連載「マクロネシア紀行」第11回

『インペリアル』ほか配信開始@鳴滝

12/11 東京ドキュメンタリー映画祭2021

シネマの舞台裏2(金子遊)

金子遊 Yu kaneko(批評家・映像作家)のブログ

「美術手帖」10月号に拙著書評

美術手帖」2021年10月号の「BOOK」コーナーに、拙著『光学のエスノグラフィ』の書評が掲載されました。
書いて下さったのは、美術史研究者の岡俊一郎さんです。

f:id:johnfante:20211020111537j:plain

10月号の詳細
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/24551

WEBでも記事が読めるようになっています。

https://bijutsutecho.com/magazine/insight/24679

「一見謎めいたタイトルは、この本がどのように映像作品に向き合うのかという態度を示している。著者は、記録映像や実験映像が撮影された地域に赴き、宗教儀式に参加する。その意味で、この本は、エスノグラフィックな実践報告である。しかし、本書がユニークなのは、もとの映像作品の鑑賞自体も一種のフィールドワークとしてとらえようとする点だ。そして、複数の意味でのフィールドワークの結果が、個々の作家論を深める手段として有効に用いられている。」