著書『ワールドシネマ入門』刊行

20220503113056

単著『マクロネシア紀行』発売中

5/21-『森のムラブリ』@名古屋シネマテーク

5/28-『森のムラブリ』@シアターセブン(大阪)

6/3-『森のムラブリ』@京都みなみ会館

6/4-『森のムラブリ』@元町映画館(神戸)

6/5『マクロネシア紀行』刊行イベント@青山BC

6/11-『森のムラブリ』@横浜シネマリン

「アカマタクロマタ考」『地名と風土』15号刊行

北村皆雄インタビュー前編@neoneo

『インペリアル』ほか配信開始@鳴滝

シネマの舞台裏2(金子遊)

金子遊 Yu kaneko(批評家・映像作家)のブログ

5/21-28『森のムラブリ』@名古屋シネマテーク

いよいよ、今週末に迫りました『森のムラブリ』の名古屋公開。
5/21(土)から1週間、毎日10:00の回です。

初日の5/21(土)と22(日)上映後に、監督の当方と、伊藤雄馬さん(出演・フィールド言語学者)の舞台あいさつが決定しました。
劇場サイトにも情報掲載されました。
cineaste.jp/index.htm

名古屋シネマテーク通信」に、ムラブリが掲載されていてうれしい限りです。

 

新著『マクロネシア紀行』刊行

新著『マクロネシア紀行 「縄文」世界をめぐる旅』金子遊著(アーツアンドクラフツ)が、2022年4月25日に刊行されました。
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784908028724

ネット書店で販売がはじまり、大型書店の「海外紀行」コーナーなどに並んでいます。
3年間の連載をまとめた本で、サハリン、小笠原、与那国島、台湾原住民、ルソン島ビサヤ諸島パラオなど、日本列島の周囲地域をめぐる初めての旅行記です。

文章もさることながら、表紙や本文にたくさんの写真が掲載された、写真集の要素もあります。
ソフトカバー、価格も2000円以下とお求めやすくなっています。

紹介

古層が眠る環太平洋地域の島々を、見て聞いてあるく。
北はサハリンで北方少数民族の土地を訪ね、小笠原では伝来の島唄を聴き、琉球弧――沖縄・辺野古で基地反対デモを取材、台湾では日本統治下の住民の思い出を聴く。フィリピンでは原住民の「首狩り儀式」のなごりを見、ミクロネシアでは先史時代の遺跡を調査する。古層が眠る〈マクロネシア〉と名づけた環太平洋地域を、現在の感覚で見て聞いてあるくトラヴェローグ。(写真多数)。

目次

ふたつの多島海 フィリピンとヤポネシア
サハリンの渚を巡る
黒潮とボニン・アイランズ
熊野ワンダーランド
国道58号線とオキナワ
久高島のヴィジョネール
与那国島の伝承譚
山麓ネイティヴたち
ボントック族の農耕儀礼
ミクロネシアの古層に触れる
あとがき

 

『チロンヌプカムイ イオマンテ』のトーク

4/30(土)から、北村皆雄監督の新作『チロンヌプカムイ イオマンテ』がポレポレ東中野で公開中。
37年の時をこえてよみがえる、アイヌの核心的な宗教儀礼イオマンテの歌と踊りから、狩猟採集民アイヌの死生観とカムイへの信仰が伝わってきます。

5/5(木祝)19:30の回で、『廻り神楽』の遠藤協監督とのトークに登壇します。ぜひこの機会にご覧ください。

https://pole2.co.jp/news/c53a4dd9-4a37-40d0-a65f-6264d3562583

 

 

『映画になった男』@名古屋シネマテーク

名古屋シネマテークにて、「伝説的映画監督原將人特集」がスタートしました。2022年の4/30(土)から5/6(金)の予定。
 『映画になった男』(金子遊監督)は、5/2(月)の16:50の回で上映です。

8年間、原將人監督を追ったドキュメンタリー。衝撃のデビューから 10年代まで、幻の作品や生演奏付き上映などレア映像を交えて綴る。

cineaste.jp/m/3300/3319.htm

 

『映画になった男』@横浜シネマリン

4/23(土)-29(金)に、伊勢崎町の横浜シネマリンで、「伝説的映画監督、原將人特集上映」があります。
原監督の「20世紀ノスタルジア35ミリ上映、「初国知所之天皇」2022デジタルリマスター版、「双子暦記・私小説」ともに、9年かけて原監督とその家族を追った「映画になった男」(当方の監督作)も上映されます。
上映は下記の3回ですので、横浜方面、神奈川県のみなさんは、どうぞお見逃しなく。

4/24(日)16:50〜 上映後、監督舞台あいさつ
4/26(火)16:50〜
4/28(木)18:50〜
https://cinemarine.co.jp/burnt-chronicle/#hara-special

 

f:id:johnfante:20220412174241p:plain

f:id:johnfante:20220301124315j:plain

 

「ジャワ島のジャティラン」展示の映像

芸術人類学研究所では、2021年11月19日〜27日を会期に展示「旅と書物-空間と時間の隔たりを超えて」を八王子図書館・アーケードギャラリーにて開催しました。

「土地と力」シンポジウムの関連プログラムとして、シンポジウムで基調報告を行なった金子遊所員、金沢百枝所員の報告内容を、写真、映像、資料などで紹介するとともに、所員7名が「旅と書物」をテーマに選んだ書籍を展示しました。

当方のインスタレーション「ジャワ島のジャティラン」の展示の様子が、映像でよくわかる動画になっています。

https://www.youtube.com/watch?v=2j2iseJRL80

 

www.youtube.com

「狩猟民ナイト」@DOMMUNE

2022/04/05 TUE 21:30-23:30
「森のムラブリ」インドシナ最後の狩猟民 公開記念
「狩猟民ナイト」@SUPER DOMMUNE

■出演:宮台真司社会学者)、関根秀樹(火起こし世界チャンピオン、『縄文人になる!』著者)、金子遊(監督、映像作家)、伊藤雄馬(出演、言語学者
https://www.dommune.com/streamings/2022/040502/

f:id:johnfante:20220406023433j:plain

『森のムラブリ』のDOMMUNE番組、出演しました。宮台真司さんの映画とその背景にある定住民、遊動民の解説がすばらしかった。伊藤雄馬さんはムラブリ語で即興歌を披露し、怪談話のパフォーマンス。
関根秀樹先生は、スタジオで火起こし、弓矢、手作り民族楽器を披露してくださり、みんなで演奏して、東京藝大大学院の高橋由佳さんがクロスボーダー・ダンスをしました。最高に楽しかった2時間が終わってしまった。。。!

f:id:johnfante:20220406023819j:plain

f:id:johnfante:20220406023845j:plain

f:id:johnfante:20220406023903j:plain

f:id:johnfante:20220406023924j:plain

f:id:johnfante:20220406023950j:plain

f:id:johnfante:20220406024014j:plain

f:id:johnfante:20220405233739j:plain