著書『ワールドシネマ入門』刊行

単著『光学のエスノグラフィ』刊

共編著『アニエス・ヴァルダ』刊行

共著『アナキズムを読む』刊行

寄稿「The New Gospel」東京芸術祭

連載「マクロネシア紀行」第11回

『インペリアル』ほか配信開始@鳴滝

12/11 東京ドキュメンタリー映画祭2021

シネマの舞台裏2(金子遊)

金子遊 Yu kaneko(批評家・映像作家)のブログ

ICAS12フィルム・フェスティバル

8/21から28にかけて、ICAS 12フィルム・フェスティバルで、拙作のドキュメンタリー映画『森のムラブリ』 (英語字幕版)がオンライン上映されます。

作品ページ
https://www.eventscribe.net/2021/ICAS12/fsPopup.asp?efp=WVJMU0FUUUU2NDc3&PresentationID=936621&rnd=0.5248684&mode=presinfo

映画祭プログラム
https://cdmcd.co/QMY78m

アジア研究者国際会議が京都で開催され、世界中のアジア学者が一同に会するのですが、さすがに大掛かりなオンライン・プラットホームになっています。
会場内に、受付、映画館、アートギャラリー、シンポジウム会場、カフェ、写真ブースなどが揃っていて、ほとんど小さな町みたい!

ICAS 12フィルム・フェスティバルでは、40本ほどの東南アジア、東アジア、西アジアの短編・長編ドキュメンタリーが上映されます。
コロナのパンデミック がはじまって1年半。バーチャル空間におけるフェスティバルの進化を感じますね。

f:id:johnfante:20210821124356p:plain

 

f:id:johnfante:20210821124137p:plain

 

f:id:johnfante:20210821124714p:plain

f:id:johnfante:20210821124815p:plain








 

8/22「これからのエスノグラフィ(民族誌)」

2021/08/22(日)
中村寛×金子遊
「これからのエスノグラフィ(民族誌)」
アメリカの<周縁>をあるく』(平凡社)刊行記念トークイベント
@本屋B&Bオンライン

イベントのご予約は下記から!
https://bb210822a.peatix.com/

f:id:johnfante:20210815144244j:plain


 同時代の世界。そこで濃厚な存在を示す「アメリカ」をとらえるプロジェクトとして、なぜ「周縁のアメリカ」をフィールドワークするのか? それは地理的にも、社会・文化的にも、「周縁」においてその社会全体の構造――その歪みや亀裂、綻びも含め――がよりわかりやすく現象するからである。
 
2011年から18年まで、アメリカ先住民の地をはじめ、いくつもの信仰や文化に根差したコミュニティーで遭遇したことがらを叙述し探究した紀行文学と、揺れ動く現実を切り取ったスナップショットの記録。都市を離れてストリートをあるき、カフェやガスステーションで足をとめ、レストランや雑貨店、文化施設に立ち寄る。そうやって幾人もの人びとと言葉を交わした。2020年のパンデミック以降、渡航することも難しい状況の中、フィールドのなかで生成した言葉と写真による「同時代スケッチ」を味わってほしい。
 
映像作家・フォークロア研究者で最新刊『『光学のエスノグラフィ フィールドワーク/映画批評』(森話社)を上梓した金子遊さんを迎え、本書の著者である中村寛さんが移動を連ねながら綴った「紀行文学」の文体の新たな境地について縦横に語っていただきます。

  • 出演 _ 中村寛 金子遊
  • 時間 _ 15:00~17:00 (14:30オンライン開場)
  • 場所 _ リアルタイム配信
  • 入場料 _ 

    ■配信参加:1,650円
    ■書籍つき配信参加:1,650円+『アメリカの<周縁>をあるく』2,970円
    (いずれも税込)※イベント後の発送です


______________________________________

【出演者プロフィール】
 中村寛(なかむら・ゆたか)
多摩美術大学教授、人間学工房代表。専門は文化人類学。「周縁」における暴力、社会的痛苦、差別と同化のメカニズム、反暴力/脱暴力の試みや芸術・文化運動、ソーシャル・デザインなどのテーマに取り組む一方、《人間学工房》を通じた文化運動をおこなっている。著書に『残響のハーレム――ストリートに生きるムスリムたちの声』(共和国、2015年)。編著に『芸術の授業――BEHIND CREATIVITY』(弘文堂、2016年)。訳書に『アップタウン・キッズ――ニューヨーク・ハーレムの公営団地とストリート文化』(テリー・ウィリアムズ&ウィリアム・コーンブルム著、大月書店、2010年)。

『崩壊を加速させよ』書評

週刊読書人」2021年7月9日号に書評を書きました。
宮台真司著『崩壊を加速させよ』という、著者4冊目の映画批評集です。
下記で購入できます。

https://dokushojin.stores.jp/items/60e50ce30850a0202e8c93ec

存在論的な人類学やアピチャッポンについて書く、 宮台さんの新展開です。

f:id:johnfante:20210812114854p:plain

f:id:johnfante:20210812114904j:plain





8/11『光学のエスノグラフィ』イベント

8/11(水祝)14時〜、拙著『光学のエスノグラフィ』の刊行記念トークイベントが、青山ブックセンター本店であります。
文化人類学者の奥野克巳さんを迎えて、インゴルドの存在論的人類学や、ボルネオやラオスの森の民、ジャワ島の憑依芸能について、映像を交えながらお話します。
コロナの状況はありますが、感染対策を徹底して対面イベントでやります

 

f:id:johnfante:20210804091127j:plain

f:id:johnfante:20210804091145j:plain

f:id:johnfante:20210804091201j:plain

 

7/31に九州産業大学でトーク

7月30日(金)~8月1日(日)に、実験映画作家伊藤高志さんが構成・演出したマルチプロジェクション舞台作品「三人の女」が、九州産業大学で上映されます。
「あいちトリエンナーレ」以来の上映で、九州では初上映とのこと。

7月31日(土)に福岡へ行って、伊藤さんとトークします。
詳細 https://60th.kyusan-u.ac.jp/news/1087

 

f:id:johnfante:20210727122748j:plain

f:id:johnfante:20210727122800j:plain

7月30日(金)~8月1日(日)、芸術学部芸術表現学科伊藤高志教授が構成・演出したマルチプロジェクション舞台作品「三人の女」を上映します。

2016年の京都府での初演後、愛知県に続き、九州初上映となるこの作品は、4面スクリーンを使用した、映画制作を学ぶ女子学生たちが繰り広げる全編せりふなしのサスペンスフルなドラマです。スピーカーを多面的に配置するマルチトラックサウンドによる臨場感のある音響が、全編に流れる不穏な空気を増幅させるとともに、映画・アート・演劇の枠を越えた本作品の魅力を際立たせています。

7月31日(土)には、映像作家で多摩美術大学准教授の金子遊氏を招き、トークイベント「『三人の女』アフタートーク」も実施します。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全10回の上映を各回定員30名の予約制で行います。

劇場内に生まれる空間の広がりを、ぜひお楽しみください!

 

※ポスターはコチラ

 

 

伊藤高志 マルチプロジェクション舞台作品「三人の女」>
 日 時:2021年7月30日(金)~8月1日(日)
7月30日(金) 14時30分~/16時30分~/18時30分~
7月31日(土) 13時00分~/14時30分~/16時00分~(「アフタートーク」有)/18時30分~
8月 1日(日)  14時30分~/16時30分~/18時30分~
場 所:「大楠アリーナ2020」1階 卓球室
参加費:無料
お申し込み方法:お申し込みフォームからお申し込みください(※先着順)
お問い合わせ先:芸術学部写真・映像メディア学科 大日方 欣一教授研究室  TEL 092-673-5807

映画『インペリアル』など3本配信

2021年6月からスタートした、日本映画専門の配信サイト「鳴滝 NARUTAKI」。
溝口健二吉田喜重特集、渋谷実特集、前田陽一特集など、渋いライナップが話題を呼んでいる。

同サイトのインディペンデント映画コーナーで、「抵抗する映画」として、劇場公開した3本の監督作の配信がスタートしました。
特に2016年に公開した『インペリアル 戦争のつくり方』は、初ソフト化で、今のところここでしか見れないので、どうぞお見逃しなく。

『インペリアル 戦争のつくり方』
https://narutakionline.com/work/kaneko_01.html


ベオグラード1999』
https://narutakionline.com/work/kaneko_02.html


『ムネオイズム ~愛と狂騒の13日間~』

https://narutakionline.com/work/kaneko_03.html

f:id:johnfante:20210718103320p:plain



 

連載エッセイ 第10回

出版社のサイトに連載しているエッセイ「マクロネシア紀行」。
第10回「ボントック族の農耕儀礼」が掲載されました。

今回はフィリピンのルソン島のバギオから、さらに山奥へ入って、棚田のあるインゴロット(山岳少数民族)の祭儀を見たお話です。

こちらから全文読むことができます。
http://www.webarts.co.jp/menu/column/column_02-10.htm

f:id:johnfante:20200310155033j:plain